合宿免許とは

運転する「合宿免許」とは、自動車教習所が指定する教習所内外の宿泊施設に泊まりながら、免許取得に必要な教習を集中して受けることで、より短期間に免許の取得を目指すための方法です。教習所というと、自宅から何らかの手段で通って教習を受けて帰宅するのを繰り返すイメージがあるかもしれませんが、往復に時間やコストがかかる場合があります。また、より短期間に教習を終わらせようと思っても、キャンセル待ちなどの手間が発生することも多くなります。

合宿免許の場合は、教習所に入る時点で卒業までのプログラムがあらかじめ決められています。普通車のAT免許を取得する場合で最短14日前後、技能と学科を合わせて1日に4~6コマ前後の教習を受けることができます。教習の予定を考えたりキャンセル待ちをしたりという手間もなく、教習に集中することが可能です。

また、合宿免許の大きな特徴として、旅行気分を味わいながら教習を受けることができるという点が挙げられます。合宿免許のプランを行っている教習所の中には、ある程度遠方からの教習生のみを受け入れているところもあります。つまり、自宅から離れたところに滞在しながら教習を受けることも可能だということです。行ってみたかった地域の教習所を選べば一石二鳥の経験ができるといえるでしょう。