合宿免許の料金

車合宿免許では教習そのものの費用の他に、宿泊費や食事代がかかります。短期間で免許の取得が可能であるとはいっても、通うより高くつくのでは、と思われるかもしれません。合宿免許の場合、料金は免許取得(卒業検定合格)までのプロセスをすべて含んだパック料金となっています。

一般的な合宿免許のプランでは、パック料金には以下の費用が含まれています。まずは教習料金。そして、合宿免許の特徴でもある宿泊と食事に関する費用も含まれます。また、自宅から教習所までの交通費も、一定の範囲内で負担してもらえる場合があります。また、教習所によっては、パック料金に教習期間が延長になった場合の費用の保証も含まれていたり、多少の追加料金で教習の延長分が全て保証されるプランがあったりします。予定以上に時間がかかっても費用が増えないというのは、ありがたいですし、精神的な安心材料にもなります。

教習所によっては所内に宿泊施設を設け、教習以外も充実して過ごせるようになっていたり、2週間ほどを過ごす間も飽きずに楽しめる食事を用意していたり、近隣の観光地へのツアーを行っていたりします。好みや関心に応じて選ぶことのできる合宿免許は、免許の取得に加えて楽しい思い出を作ることもできる貴重な機会になりそうです。

合宿免許とは

運転する「合宿免許」とは、自動車教習所が指定する教習所内外の宿泊施設に泊まりながら、免許取得に必要な教習を集中して受けることで、より短期間に免許の取得を目指すための方法です。教習所というと、自宅から何らかの手段で通って教習を受けて帰宅するのを繰り返すイメージがあるかもしれませんが、往復に時間やコストがかかる場合があります。また、より短期間に教習を終わらせようと思っても、キャンセル待ちなどの手間が発生することも多くなります。

合宿免許の場合は、教習所に入る時点で卒業までのプログラムがあらかじめ決められています。普通車のAT免許を取得する場合で最短14日前後、技能と学科を合わせて1日に4~6コマ前後の教習を受けることができます。教習の予定を考えたりキャンセル待ちをしたりという手間もなく、教習に集中することが可能です。

また、合宿免許の大きな特徴として、旅行気分を味わいながら教習を受けることができるという点が挙げられます。合宿免許のプランを行っている教習所の中には、ある程度遠方からの教習生のみを受け入れているところもあります。つまり、自宅から離れたところに滞在しながら教習を受けることも可能だということです。行ってみたかった地域の教習所を選べば一石二鳥の経験ができるといえるでしょう。

運転免許の取得とお金

夏が近づいてきました。学生の皆さんにとって、夏休みは大きな楽しみですよね。遊びに旅行にアルバイト、時には勉強も…何をしようか今からわくわくしている人が多いのではないでしょうか。

教習所学生の特権でもある長い休みは、運転免許を取りたいと考えている人にとっては大きなチャンスです。この休み中に教習所に入ろうと考えている人もいるかもしれません。運転免許の取得には、教習所で一定の教習を受け、卒業検定に合格するのが一般的なプロレスではありますが、それにはある程度まとまった額のお金がかかります。運転の個人レッスンを受けるようなものなので仕方がない部分はあるのですが、可能であればできるだけ免許取得にかかる費用は安く抑えたいですよね。免許は取って終わりではなく、そこからが始まり。車を持つにせよ借りるにせよ、車に関しては想像以上にいろいろな場面でお金がかかるのですが、その最初が免許取得の費用といえるでしょう。

現代は、教習所に関する情報もインターネットで入手が可能です。実にたくさんの自動車教習所があり、それぞれの教習所では工夫を凝らしたプランを用意して、教習生を募っています。そんな中からどこを選ぶか、迷った時に選択肢に入れてほしいのが「合宿免許」です。ある程度まとまった時間が取れる学生に向いている方法でもありますが、免許取得にかかる費用という点でも、学生には心強いプランになっています。ここでは、合宿免許の概要と、そこで行われるサービスの例をご紹介します。